プロフィール

Gillbert

Author:Gillbert



最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

Gillbertブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三者間の和解について
LaughterMania2006実行委員会スタッフのブログに掲載された記事にはじまる騒動について、
当事者間でのわだかまりを払拭し、今後のお互いの活動へ繋げるため
下記の件に関して共通の見解を共有し、和解のために前進することにいたしました。

1:スタッフブログでのSpeedo氏晒し行為を私Gillbertが擁護した問題について

2:Speedo氏による実行委員会に対する暴露行為について

3:Yukihide氏の責任問題について

4:事実関係の把握について

なお、この問題はGillbert個人の軽率な行動に端を発する問題として認識しており、
実行委員会を巻き込むことを避け、個人ブログにおいての発表として対応いたしました。


去る12月17日、私Gillbertは、仙台に訪問し、Speedo氏と会食の上、
以下の内容に賛同し、一連の騒動に関して和解いたしました。

■三者和解内容(Gillbert、Speedo氏、Yukihide氏)

1:スタッフブログでのSpeedo氏晒し行為を私Gillbertが擁護した問題について

  ラフターマニアの公式Blog上で掲載させていただいた「委員長からのお詫び」にあります通り、
  私の軽率な行動で関係者の方々にはご迷惑をおかけしましたことをお詫びいたします。
  Speedo氏には、12月17日の仙台での会食時に改めて謝罪し、Speedo氏との間で和解が成立いたしました。


2:Speedo氏による実行委員会に対する暴露行為について

  「FF11プレイヤーSpeedoが個人的にラフターマニア2006実行委員会糾弾するまとめサイト
  をSpeedo氏がWeb上に掲載し、プライベートメールの公開や、スタッフポータル掲示板の内容を
  暴露したことで、私以外の無関係なスタッフが騒動に巻き込まれてしまった件に関して、
  Speedo氏からは、行き過ぎた対応であった旨の謝罪をいただきました。
  また、当該サイトにおいて、Speedo氏よりの視点で事実が記載され、多くのスタッフが
  何もしなかったかのような印象を与えた件に関しては、今後、必要に応じて事実の補足
  修正に協力していただける旨、Speedo氏から意思表示をいただきました。
  この件に関しては、私個人としては、12月17日の仙台での会食時に和解いたしました。
  
  >ラフターマニア実行委員会のスタッフのみなさま
  他の実行委員会のスタッフの方々におきましては、私の行為を発端として、騒動に巻き込むことに
  なり、大変申し訳ない限りです。
  このようなお願いは筋違いとは思いますが、Speedo氏の行為については、心情的にご理解をいただきたく、
  お願い申し上げます。


3:Yukihide氏の責任問題について

 Speedo氏のサイトにおいて掲載されていた以下の内容については、無用な誤解をさけるため
 コメントを発表し、Yukihide氏に対する和解の意思を表明させていただきます。

 ①大会当日に、スタッフとの約束に反する行動を行った件
  
  大会後に運営内部でYukihide氏からは謝罪をいただいております。
  私個人として、これ以上、何か求めるところはありません。
  
  Yukihide氏のブログ上には、ご本人からの「お詫び」が発表されており、
  私としては、ご本人の意思を尊重したいと思います。
  

 ②前委員長Speedo氏に対する叩き行為

  Speedo氏から私に委員長が交代する過程で、Speedo氏に委員長を依頼したYukihide氏が
  Speedo氏を叩いていたという件ですが、これは、Yukihide氏とSpeedo氏の間の問題ですので、
  Speedo氏の対応を見守りたいと思います。

 ③アフィリエイト問題

  Speedo氏の告発があるまで、大会運営に対しては一切の報告がなかった件ですが、
  Yukihide氏が個人で作成したサイト上で金銭を得ていたことですので、
  私からのコメントは控えさせていただきます。
  

4:事実関係の把握について

  Speedo氏のサイトに書かれていた内容の事実関係については、実行委員会から有志を募り、
  中立の立場の第三者を交えたレポート作成・公開を行っていきたいと思います。
  レポートは関係者が確認・修正した上で完成とすることを、Speedo氏からも了承いただいて
  おります。


※なお、Yukihide氏とは直接会話を行っておりませんが、Yukihide氏はSpeedo氏の意思に
 賛同していると聞いております。
 

■今後の身の処し方

私の身の処し方ですが、プロデューサー業を引退し、FF内での活動を無期休止いたします。
なお、事実関係のレポート作成に協力することは最低限の務めだと考えておりますので、
レポート完成までは本件の解決に尽力いたします。
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。